水戸クリエイティヴウィーク実行委員会主催
水戸野外映画上映会開催決定!
クラウドファンディング開始!

 
今秋開催を予定しておりました「水戸クリエイティヴウィーク2020」は中止となりましたが、水戸芸術館広場で開催している「水戸野外映画上映会」は上映日を10月に移し開催することになりました!

万全の対策をした上、事前申込制200名限定での上映となります。
現在まで公的資金や助成金などに頼らず、任意団体での運営を行なってきましたが、資金的に継続が難しい状況になっています。この試みを継続して行くため、今年も クラウドファンディングに挑戦しています。是非ご支援ください。なお、クラウドファンディングでは事前申込は同時にできませんので、当日参加希望の方はPassMarketよりお申し込みください。

 
野外映画上映会『ブルース・ブラザース(字幕版)』上映
2020年10月18日(日)17:30〜 

※小雨決行。荒天の場合は10/25(日)に順延予定
会場:水戸芸術館広場
16:30 開場/17:00開演/17:30上映開始/20:00終演(予定)
定員200名  観覧無料 事前申込制
参加申し込みは9/19 10時より受付開始! 受付はコチラより

 
上映作品『ブルース・ブラザース(字幕版)』
1980年/アメリカ/133分/字幕版
監督:ジョン・ランディス
出演:ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャリー・フィッシャー、キャブ・キャロウェイ
黒帽子に黒サングラス、黒ネクタイに黒スーツ、全身黒づくめのジェイクとエルウッドのブルース・ブラザースは、孤児院の窮地を救うためにバンドを組んで大暴れ。歌と踊り、笑いとアクション満載のスーパー・コメディ。アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ、ジェームズ・ブラウンら豪華ミュージシャンらの競演も見どころ。
 
■STORY
刑務所から出所したジェイク(ジョン・ベルーシ)は、弟分エルウッド(ダン・エイクロイド)の出迎えを受け、その足でふたりが育った孤児院に出向く。母親代りのシスターから資金難で税金が払えず、すぐにも5000ドルが必要と聞かされたふたりは、昔の仲間たちを集めてバンドを結成し、コンサートで一攫千金を計画する。だがその途中、警察から追われる身となり、さらには謎の女(キャリー・フィッシャー)から命を狙われる羽目にー。


 
 【新型コロナウイルス感染症への対応】
●1組6名様まで●各組ごとに予め設定されたエリアでご鑑賞いただきます。●発熱など風邪の症状のあるお客様は、ご入場をご遠慮ください。●感染すると重症化する恐れがあるため、高齢者等の皆さまには、感染症対策・体調に十分ご注意の上、ご来場ください。●ご鑑賞前に消毒液のご利用やこまめな手洗いをお願いします。●会場へは必ずマスク着用にてご入場ください。●会場内ではまわりとの社会的距離の確保をお願いします。●会場での大声での会話はお控えください。●茨城県公式「いばらきアマビエちゃん」の登録や厚生労働省公式「新型コロナウイルス接触確認アプリ」(通称 COCOA)のダウンロードをお願いいたします。●新型コロナウイルスの感染状況により上映を中止・プログラムの変更などの措置をとる場合がございます。事前に必ずホームページ等でご確認ください。●新型コロナウイルス感染症予防のための取り組みはホームページ及び水戸芸術館内に掲出しております。
【注意事項】
●申込なしでの当日参加はお受けできません。●鑑賞エリアは水戸芸術館広場の1階のみとなります。1階軒下、2階での鑑賞は不可となります。●無料駐車場はございません。近隣有料駐車場をご利用ください。●椅子の持ち込みはご遠慮ください。●テント、タープ類は使用禁止です。●レジャーシート等の敷物は各自お持ちください。●鑑賞エリアには石畳の箇所がございますので、クッション等をお持ちください。●各自ゴミ等はお持ち帰りください。●防寒対策、防虫対策は各自でお願いします。●上映中は暗くなります。防犯対策、灯り対策をお願いします。●12歳以下のお子様には必ず保護者が同伴してください。

水戸クリエイティヴウィーク2020
新型コロナウイルス感染防止のため開催中止となります。

 
今秋開催を予定しておりました「水戸クリエイティヴウィーク2020」ですが、コロナ禍の情勢を鑑み本年度に関しては中止とさせていただきます。楽しみにしていただいた皆様、申し訳ありません。

本来であれば、2020.9.5(土)~22(火祝)の18日間の開催を予定しておりましたが、水戸芸術館広場で開催の「あおぞらクラフトいちAutumn」の中止や野外映画上映会の期間外延期、芸術館館内の催しの縮小などもあり、また、参加者の皆様の健康や安全保全を考慮に入れた上で中止とさせていただきました。
水戸のまちを巡りながら楽しむこの催しも今年で7年目となり、新たな試みも考えておりましたが、残念な気持ちでいっぱいです。春への延期も検討しておりますが、状況が状況だけに判断が難しいところです。

この状況が早期に回復することを望むばかりです。状況が好転し、何かしらのアクションができる様になったあかつきには、改めてアナウンスさせていただきます。
皆様も無理せず、健康に留意してお過ごしください。
なお、予定期間の催しに関してはウェブマガジンTRIX MAG.にて順次紹介していきます。是非ご覧くださいませ。

https://trix-mag.com/

VISION & CONCEPT

水戸クリエイティヴウィークとは

 

まじわり、とどまる。
秋、水戸中心市街地で開催される文化的な催しを横断的に楽しめるフレームワーク。
プロジェクトを通して水戸の土地、風土、文化、人の魅力に触れる2週間。

茨城県の県庁所在地である水戸は、水戸芸術館や近代美術館をはじめ数々の文化施設を有し、近隣エリアだけでなく日本の文化をリードしてきました。その土地で活動する様々なプロジェクトが集結し、9月に2週間にわたり開催する試みが『水戸クリエイティヴウィーク』。今年で7年目の開催となります。
様々なジャンルの催しが一堂に介することで、水戸に行こうと思う気持ちや動機が生まれ、ジャンルや年齢層を越え横断的に楽しまれる方が増えています。“文化的な9月の水戸”という新しいイメージも生まれはじめました。街中で楽しく、かつ考えさせられる良質な催しを、期間中連続して開催することで水戸への誘客を増やし、飲食・販売・宿泊の機会の創出を目指すプロジェクト。水戸の街の魅力を掘り起こしながら、新たな文化の創造・発信を目指していきます。
昨年は38ものプログラムが開催され17日間で延べ8万人超を集客、様々な人が思い思いに水戸のまちを楽しみました。

今年は直前まで開催判断をしておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、開催を見送る決定をさせていただきました。本当に残念ですが、参加者の健康と安全を鑑みて判断させていただきました。
楽しみにしていただいた皆様本当に申し訳ありません。来年度またクリアな気持ちで開催できればと考えております。

 
「水戸クリエイティヴウィーク」プロジェクトとは
あおぞらクラフトいちが開催される水戸芸術館を中心に、様々なジャンルのプロジェクトを紡ぐ“クリエイティヴ”をキーワードにしたゆるやかなつながりです。補助金などに頼らない民間主導のプロジェクトで、広告収入のみで運営しております。
水戸の持っているポテンシャルを自覚しながら、交流人口を増やし様々なアクションが起こりうる素地作りを目指しています。
是非、この試みを継続させるため、ご協力・ご支援の程宜しく願いします。

水戸クリエイティヴウィーク実行委員会
事務局:〒310-0905 茨城県水戸市石川1-3785-1 K5 ART DESIGN OFFICE内
Tel・Fax.029-255-6026

  
●後援:水戸市(予定)、水戸商工会議所